コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杜世忠 トセイチュウ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杜世忠 と-せいちゅう

1242-1275 元(げん)(中国)の国使。
脱列哥那元年生まれ。世祖フビライにつかえ,礼部侍郎(れいぶじろう)(次官)となる。文永の役の翌年の文永12年,日本に服属を勧告するための正使として長門(ながと)(山口県)室津(むろつ)へ到着。鎌倉におくられたが,建治(けんじ)元年9月7日竜の口で副使何文著(か-ぶんちょ)ら一行とともに斬殺された。34歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

杜世忠

没年:建治1.9.7(1275.9.27)
生年:乃馬真后1(1242)
元代の官人。中国語読み「トゥー・シーチョン」。モンゴル人。世祖フビライに仕え,礼部侍郎になる。文永の役の翌年の建治1(1275)年2月,日本招諭のための正使に任じられ,副使何文著と共に元の都大都を出発,高麗の都開京を経て,長門国(山口県)室津に渡る。鎌倉に送られるも,幕府の執権北条時宗は斬首を命じ,同年9月一行は鎌倉竜の口で斬殺された。その折,辞世の詩を残している。鎌倉幕府の強硬な対元姿勢による犠牲者になった。<参考文献>山口修『蒙古襲来

(関周一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

とせいちゅう【杜世忠】

1242~1275) 中国、元のフビライ-ハンの臣。日本派遣の使者。文永の役後、1275年鎌倉幕府に派遣されたが、竜口で斬首された。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の杜世忠の言及

【元】より

… 鎌倉幕府は元の再襲に備えて異国警固番役を設け,石築地(いしついじ)を築き,博多湾一帯の防備を厳重にした。75年(建治1)4月元使杜世忠らが長門に到着したが,同年9月鎌倉竜口で斬られた。一方,日本から高麗を逆侵攻する異国征伐の計画がたてられたが,実現しなかった。…

※「杜世忠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

杜世忠の関連キーワード竜口(神奈川県)元寇使者国使

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android