コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜吟庵 りゅうぎんあん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

竜吟庵
りゅうぎんあん

京都市東山区にある東福寺塔頭 (たっちゅう) 。嘉永元年 (1387) 頃に建立された方丈は現存する最古のもので,国宝に指定されている。正面中央の部屋の奥が板壁で,その裏を暗い部屋とするなど住居的要素を残し,方丈の形成過程を示す遺構である。庫裏表門重要文化財

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の竜吟庵の言及

【東福寺】より

…また伝雪舟筆《東福寺伽藍図》(重要文化財)は室町時代の東福寺を示す史料として貴重。塔頭の一つ,竜吟庵方丈(国宝,1387)は現存最古の塔頭方丈。広縁に蔀戸(しとみど)を用いて寝殿造風とし,中央の部屋の奥が板壁となって他の方丈のような仏壇にならない点などが,方丈建築の形成過程にあることを示している。…

※「竜吟庵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

竜吟庵の関連キーワード南浦文之煕春竜喜台所障子

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

竜吟庵の関連情報