コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜山[村] たつやま

世界大百科事典 第2版の解説

たつやま【竜山[村]】

静岡県西部,磐田郡の村。人口1410(1995)。天竜川中流域に位置する山村。中央部を天竜川が南流し,谷沿いに国道152号線が通る。村域の大部分が森林におおわれ,杉とヒノキの人工林は日本有数の美林である。木材のほか,茶,シイタケ,柿などを産する。南部に天竜川の秋葉ダム(総貯水量3万4700km3)があり,西部の白倉峡とともに観光地になっている。天竜川東岸で銅,鉄を産出した日本鉱業の峰之沢鉱山は1969年休山した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

竜山[村]の関連キーワードヨハネス23世フェルナンド(1世)(アラゴン王)上杉憲実幸阿弥斯波義将大寧寺プラハの天文時計幸阿弥家ジギスムントルブリョフ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android