コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

播磨灘 はりまなだ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

播磨灘
はりまなだ

瀬戸内海東部の海域。東は淡路島,西は小豆島,南は四国,北は兵庫県姫路平野に囲まれる。東西約 50km,南北約 70km。北部の家島諸島のほかには島がないが,水深は浅く最大 42m。鹿 (しし) の瀬,室津の瀬などの浅堆部は特に浅く 10m以下。内海漁業の宝庫であったが沿岸の工業化による水質汚濁で高級魚の減少が目立ち,沿岸の塩田製塩法の変化で 1960年代以後姿を消した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

播磨灘【はりまなだ】

瀬戸内海東部の海域。東の淡路島から西の小豆島まで約50km2に及ぶが,家島諸島以外に島はなく瀬戸内海で最も島の少ない海域の一つ。淡路島から家島にかけての鹿ノ瀬(ししのせ)・室津ノ瀬などの浅瀬は好漁場。
→関連項目大阪湾加古川紀伊水道瀬戸内海鳴門海峡播磨[町]播磨平野姫路[市]北淡[町]御津[町]室津

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はりまなだ【播磨灘】

瀬戸内海の東部,東は淡路島,西は小豆島で限られた海域。姫路沖の家島諸島を除けば島はなく,明石海峡,鳴門海峡備讃瀬戸でまわりの海域と結ばれる。海峡付近は潮流の浸食のため深くなっているが,海底は全体として平たんで,水深はおおむね40m未満である。古くから漁業が盛んで,なかでも明石市沖合10kmの鹿ノ瀬(最浅部2m)は,タイ,ブリ,サワラなどの好漁場として知られている。臨海部のうち商工業が発達しているのは北の播磨平野だけであるが,最近は埋立て海岸線の形状が大きく変わった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はりまなだ【播磨灘】

瀬戸内海東部の海域。西は小豆しようど島、東は淡路島で限られ鳴門海峡で紀伊水道に通じる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔兵庫県(岡山県・香川県)〕播磨灘(はりまなだ)


瀬戸内海東部に位置する海域。東は兵庫県淡路(あわじ)島西岸、西は香川県小豆(しょうど)島、北は兵庫県西部から岡山県東部沿岸、南は四国北東岸に囲まれる。明石(あかし)海峡で大阪湾、鳴門(なると)海峡で紀伊(きい)水道、岡山水道で児島(こじま)湾に通じる。タイ・タコなどの沿岸漁業やハマチ・ノリの養殖が盛ん。兵庫県西部などの沿岸では第二次世界大戦後、埋め立てによる工業化が進展。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

播磨灘
はりまなだ

瀬戸内海の東部の海域。淡路島、本州、小豆(しょうど)島、四国に囲まれ、東は明石(あかし)海峡と鳴門(なると)海峡を隔てて大阪湾と紀伊水道に通じ、西は備讃(びさん)瀬戸へ通じている。北部の家島(いえしま)諸島を除き、中心部には島をみない。水深は一般に浅く、中央部の最大水深は42メートル。とくに家島から淡路にかけて鹿ノ瀬(2メートル)、室津(むろつ)ノ瀬(10メートル)などの浅瀬が発達している。北岸には播磨平野があり、姫路市から相生(あいおい)市にかけては工業整備特別地区に指定され、播磨臨海工業地域となっている。工業廃水や都市の生活廃水による海水汚濁がひどく、毎夏の赤潮発生の一因となって漁民を苦しめている。[坂口良昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

播磨灘の関連キーワード香川県東かがわ市郡家(兵庫県)兵庫県高砂市玉筋魚の釘煮兵庫県相生市播磨[町]姫路[市]御津〈町〉津田〈町〉家島〈町〉引田〈町〉大内〈町〉ああ播磨灘赤穂[市]北淡[町]西淡[町]津名丘陵可古の島東播磨港青木敬介

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

播磨灘の関連情報