コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舟形石棺 ふながたせっかん

3件 の用語解説(舟形石棺の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

舟形石棺
ふながたせっかん

古墳時代前期の後半から中期にかけて用いられた石棺の一種。割竹形に似ているが,全体的に平たくなり,身の両端も斜めになり,全体の形が舟に似ているので,この名称がつけられた。墳丘に単独で埋められている例が多いが,板石で囲った中に置かれている場合もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふながた‐せっかん〔‐セキクワン〕【舟形石棺】

古墳時代の石棺の一種。石をくりぬいて作ったもので身と蓋(ふた)とから成り、形が和船に似る。運搬のための縄かけの突起を備える。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ふながたせっかん【舟形石棺】

古墳時代の棺の一種。舟底の形に刳り抜いた、半楕円形の断面をもつ石を身と蓋ふたとして合わせるもの。四、五世紀に盛行。 → 石棺

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の舟形石棺の言及

【石棺】より

横穴では棺を掘り残した造り付け石棺もみられる。形態はいずれも木棺をまねたものと考えられているが,前・中期の刳抜式石棺は割竹形石棺,舟形石棺と呼ばれ,熊本,香川,島根,福井,群馬など各地で製作された。他方,組合せ式では長持形石棺が代表で,おもに兵庫県南部に産する〈竜山石(たつやまいし)〉と呼ばれる流紋岩質凝灰岩で製作され,畿内とその周辺を中心に用いられた。…

※「舟形石棺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

舟形石棺の関連キーワード古墳時代応神陵古墳と履中陵古墳宮城県加美郡加美町米泉宮城県柴田郡村田町関場京都府与謝郡与謝野町加悦奈良県天理市櫟本町奈良県天理市中山町山口県宇部市東岐波福岡県うきは市浮羽町朝田熊本県玉名市玉名

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone