童仙房(読み)どうせんぼう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

童仙房
どうせんぼう

京都府南東部、相楽(そうらく)郡南山城(みなみやましろ)村の一地区。木津(きづ)川右岸の標高約500メートルの高原にあり、江戸末期まで原野であった。1869年(明治2)士族授産を主目的に京都府による開拓事業が始まり、一時は京都府支庁も置かれたが、1879年支庁が木津(きづ)町(現、木津川(きづがわ)市)に移されたあとは山村となり、現在は過疎化が進んでいる。米、宇治茶、高原トマトなどを産する。[織田武雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の童仙房の言及

【南山城[村]】より

…近世は大和柳生藩領で,北大河原は木津川舟運の物資集散地であり,京と伊賀を結ぶ街道も通じていた。北部高原の童仙房(どうせんぼう)は江戸時代は無住の山野であったが,明治初年京都府が士族授産事業として開拓,茶やトマトの栽培が行われる。名張川には多目的ダムの高山ダムがある。…

※「童仙房」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

童仙房の関連情報