コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

童蒙先習 どうもうせんしゅう

世界大百科事典 第2版の解説

どうもうせんしゅう【童蒙先習】

朝鮮で李朝時代に作られた初学者のための入門的な教科書。不遇の儒臣,咸陽の人朴世茂(1487‐1564)の著で,1541年に成った。17世紀中葉以後書堂の発達に伴って広く行われた。内容は五倫,儒学総論,中国および朝鮮の歴代要義(歴史)からなり,分量は17帳226行。音を示す〈吐〉を割注で入れ,好適の〈経史之略〉すなわち最小必要な教育内容(ミニマム・エッセンシャルズ)を成している。1699年刊奎章閣板本には粛宗の序と宋時烈の跋が付されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

童蒙先習の関連キーワードミニマム・エッセンシャルズ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android