コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

書堂 ショドウ

デジタル大辞泉の解説

しょ‐どう〔‐ダウ〕【書堂】

読書のための部屋。書斎
「―に帷(い)を下し、終日書を読み」〈織田訳・花柳春話

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

書堂【しょどう】

朝鮮で李朝中期以後に発達,普及した儒学の初等教化機関。20人内外の学童を一人の〈訓長〉が教える私塾として,《千字文》などの漢籍誦読,習字を主とする教育が行われた。
→関連項目儒教

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょどう【書堂】

朝鮮で初学者のための入門的な教育を行う私塾をいう。李朝中期以後に発達し全国に普及するが,起源は遠く高句麗の扃堂(けいどう),高麗の郷先生,高麗末・李朝初期の書斎にさかのぼる。学童20人内外を1人の〈訓長〉が教える一教室一教師型学校である。個人や宗族の設営のほか郷村の協同設営も多かった。教育は漢籍誦読,習字を主とし,《千字文》《類合》,唐詩など漢詩の諸書,《童蒙先習》《啓蒙篇》《小学》などの書を多く使用。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しょどう【書堂】

書物を読む部屋。書斎。書室。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

書堂の関連キーワードビブリア古書堂の事件手帖/栞子さんと奇妙な客人たち韓国の歴史的集落群〈河回と良洞〉コージーミステリー村上勘兵衛(4代)E三一独立運動朝鮮独立運動かとうかず子長谷川春草白石ゆきのライト文芸大楽源太郎東洲斎写楽徳富太多七蔦屋重三郎籾山 梓月Elina高田 蝶衣蔦谷重三郎小山心優

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

書堂の関連情報