コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

書堂 ショドウ

4件 の用語解説(書堂の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょ‐どう〔‐ダウ〕【書堂】

読書のための部屋。書斎。
「―に帷(い)を下し、終日書を読み」〈織田訳・花柳春話

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

書堂【しょどう】

朝鮮で李朝中期以後に発達,普及した儒学の初等教化機関。20人内外の学童を一人の〈訓長〉が教える私塾として,《千字文》などの漢籍誦読,習字を主とする教育が行われた。
→関連項目儒教

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょどう【書堂】

朝鮮で初学者のための入門的な教育を行う私塾をいう。李朝中期以後に発達し全国に普及するが,起源は遠く高句麗の扃堂(けいどう),高麗の郷先生,高麗末・李朝初期の書斎にさかのぼる。学童20人内外を1人の〈訓長〉が教える一教室一教師型学校である。個人や宗族の設営のほか郷村の協同設営も多かった。教育は漢籍誦読,習字を主とし,《千字文》《類合》,唐詩など漢詩の諸書,《童蒙先習》《啓蒙篇》《小学》などの書を多く使用。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

書堂の関連情報