コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

端敵 ハガタキ

大辞林 第三版の解説

はがたき【端敵】

歌舞伎の役柄の一。敵役のうち、謀反人や、悪の元凶となる実悪じつあくに対して、その家来筋の軽い安っぽい悪人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の端敵の言及

【敵役】より

…〈色悪(いろあく)〉は美男の悪人で二枚目のあでやかさに悪の凄みを加えた役どころで,《累(かさね)》の与右衛門,《東海道四谷怪談》の伊右衛門など。〈端敵(はがたき)〉または〈平敵(ひらがたき)〉は安手な悪人で,実悪と対照的に〈赤っ面(あかつつら)〉にすることが多い。《仮名手本忠臣蔵》の薬師寺や《菅原伝授手習鑑》の〈寺子屋〉の玄蕃など。…

※「端敵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

端敵の関連キーワード中島勘左衛門(4代)桐野谷権十郎(3代)大願成就殿下茶屋聚桐山紋次(2代)市川 松柏鈴木里沙江原由夏かつら新原武与勘平松本亮手代敵謀反人立敵元凶団七平敵

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android