竹下佳江(読み)たけした よしえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹下佳江 たけした-よしえ

1978- 平成時代の女子バレーボール選手。
昭和53年3月18日生まれ。ポジションセッター,身長159cm。平成8年NECレッドロケッツに入団。翌年全日本代表。14年NECを退社して一時バレーボールから離れる。同年JTマーヴェラスに入り,前年V1リーグ(現・チャレンジリーグ)に陥落していた同チームをVリーグ(現・プレミアリーグ)昇格にみちびいた。16年アテネ五輪(5位)出場。17年全日本代表キャプテンとなり,18年の世界選手権(6位)ではMVPに選ばれた。20年長期活躍選手としてVリーグ栄誉賞を受賞。同年北京五輪に出場し5位入賞をはたす。22年世界選手権に出場し銅メダル。23年ワールドカップ・ベストセッター賞。24年プロ野球選手・江草仁貴と結婚。同年ロンドン五輪に出場し,五輪で日本女子バレー28年ぶりのメダルとなる銅メダルを獲得。25年日本バレーボール協会理事。福岡県出身。不知火女子高(現・誠修高)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

竹下佳江の関連情報