コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹下佳江 たけした よしえ

2件 の用語解説(竹下佳江の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹下佳江 たけした-よしえ

1978- 平成時代の女子バレーボール選手。
昭和53年3月18日生まれ。ポジションセッター,身長159cm。平成8年NECレッドロケッツに入団。翌年全日本代表。14年NECを退社して一時バレーボールから離れる。同年JTマーヴェラスに入り,前年V1リーグ(現・チャレンジリーグ)に陥落していた同チームVリーグ(現・プレミアリーグ)昇格にみちびいた。16年アテネ五輪(5位)出場。17年全日本代表キャプテンとなり,18年の世界選手権(6位)ではMVPに選ばれた。20年長期活躍選手としてVリーグ栄誉賞を受賞。同年北京五輪に出場し5位入賞をはたす。22年世界選手権に出場し銅メダル。23年ワールドカップベストセッター賞。24年プロ野球選手・江草仁貴と結婚。同年ロンドン五輪に出場し,五輪で日本女子バレー28年ぶりのメダルとなる銅メダルを獲得。25年日本バレーボール協会理事。福岡県出身。不知火女子高(現・誠修高)卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

タレントデータバンクの解説

竹下 佳江


芸名
竹下 佳江

性別
女性

生年月日
1978/03/18

星座
うお座

干支
午年

血液型
A

出身地
福岡県

身長
159cm

職種
スポーツ/話す仕事

プロフィール
身長159cmとバレーボール選手としては小柄でありながら、勝負どころで鋭い判断能力と俊敏な動きからの正確な高速トスで“世界最小最強セッター”と称され、全日本女子バレーボール代表を牽引した。1996年不知火女子高等学校(現・誠修高等学校)からVリーグの「NECレッドロケッツ」へ入団。入団後、徐々に頭角を現し、全日本代表入りを果たす。2000年シドニーオリンピック予選で敗退、オリンピック出場を逃し、所属していた「NECレッドロケッツ」を退団し、一線を退いた。しかし、バレーボールへの思いを諦めきれず、2002年に「JTマーヴェラス」に入団し、全日本代表にも復帰を果たす。2004年、当時の現役女子選手では唯一のプロ宣言をし、初のオリンピックとなるアテネオリンピックで5位入賞。2005年より全日本女子の主将を務め、名実ともチームを牽引する中心選手として活躍する。2010年世界バレーにおいては、日本の32年ぶりのメダル獲得に貢献。2011年「JTマーヴェラス」でV・プレミアリーグと黒鷲旗の2冠を達成。同年のワールドカップではベストセッター賞と個人賞に輝く。2012年、3大会連続となるロンドンオリンピックに出場し、悲願のメダルを獲得する。日本バレーボール協会理事に就任し、オリンピック終了後、約1年休養ののち、引退を表明。現在は、バレーボールの普及や貢献活動に力を注いでいる。

代表作品
NHK『ディープビープル』 / 毎日放送亀山つとむのかめ友 Sports Man day』 / 本『竹下佳江 短所を武器とせよ』(著・吉井妙子)

出典|株式会社タレントデータバンク
Copyright(C) 2010 Talent-Databank Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

竹下佳江の関連キーワード河西昌枝ワールドグランプリ女子バレーボール大会狩野美雪河合由貴江畑幸子迫田さおり新鍋理沙中道瞳山口舞

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

竹下佳江の関連情報