コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹中重次 たけなか しげつぐ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹中重次 たけなか-しげつぐ

?-1634 江戸時代前期の大名。
竹中重利(しげとし)の子。元和(げんな)元年豊後(ぶんご)(大分県)府内藩主竹中家2代。寛永6年長崎奉行となり,キリシタンをきびしくとりしまった。10年不正をうったえられて職をとかれ,11年2月22日長男源三郎とともに切腹。別名は重義。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

竹中重次の関連キーワード竹中重利竹中重義

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android