コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹内択 たけうち たく

2件 の用語解説(竹内択の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

竹内択

ノルディックスキージャンプ選手。1987年5月20日、長野県生まれ。98年の長野五輪をきっかけに、小学生の頃からスキージャンプを始める。中学校卒業後、単身フィンランドに渡り、現地の学校に通いながらジャンプのテクニックを習得。帰国後は、2006年より北野建設に所属。10年にバンクーバー五輪で五輪初出場を果たす。13年にはW杯ドイツ大会の男子ラージヒル個人、同ノルウェー大会の男子ノーマルヒル個人において、それぞれ2位を記録した。14年のソチ五輪では男子ラージヒル団体で銅メダルを獲得し、同種目では1998年の長野五輪以来、4大会ぶりとなる日本のメダル獲得に貢献。競技後の記者会見で、大会出場前から難病とされるチャーグ・ストラウス症候群(アレルギー性肉芽腫性血管炎)を患っていることを公表した。

(2014-2-19)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹内択 たけうち-たく

1987- 平成時代のスキージャンプ選手。
昭和62年5月20日生まれ。小学5年生でスキージャンプをはじめる。飯山市立第一中学校卒業後,平成15年フィンランド・クオピオに単身留学して職業学校で学びながらジャンプの指導を受ける。19年全日本スキー選手権大会ノーマルヒル優勝。22年全日本スキー選手権大会ノーマルヒルでも優勝。同年バンクーバー冬季五輪の団体で伊東大貴葛西紀明栃本翔平とともに出場して5位入賞,個人ではノーマルヒル34位,ラージヒル37位。25年ノルディックスキー世界選手権ジャンプ混合団体(伊藤有希,伊東大貴,高梨沙羅,竹内択)で優勝。26年のソチ冬季五輪代表となり,団体(清水礼留飛,竹内択,伊東大貴,葛西紀明)で銅メダルを獲得,ノーマルヒルは24位,ラージヒルは13位。北野建設所属。長野県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

竹内択の関連キーワード船木和喜原田雅彦フライングジャンプ純ジャンプジャンピングスキースキージャーナルインスブルックのオリンピックスキージャンプ台秋元正博岡部孝信栃本翔平

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

竹内択の関連情報