竹内重信(読み)たけうち しげのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹内重信 たけうち-しげのぶ

1830-1890 幕末-明治時代の和算家。
文政13年6月21日生まれ。竹内武信の3男。信濃(しなの)(長野県)上田藩士。関流和算を父にまなび家学をつぐ。明治のはじめ藩校内に数学寮がおかれ,教頭となった。明治23年10月11日死去。61歳。通称は善次郎。号は黄洲。著作に「算法瑚璉解義」「麓の路」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android