コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹取の翁 たけとりのおきな

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹取の翁 たけとりのおきな

竹取物語」の登場人物
竹製品をつくって生計をたて,嫗(おうな)とふたりで山中にくらす。竹の中から見つけた少女をかぐや姫と名づけてそだてる。姫の成人後5人の貴公子や帝(みかど)が求婚するが,姫はいずれも拒絶し,天上にかえらねばならない運命をつげる。翁は帝にたのみ,兵にまもってもらったが姫は天人にみちびかれて昇天する。物語は平安時代初期に成立。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の竹取の翁の言及

【タケ(竹)】より

…《万葉集》に〈昔老翁(おきな)ありき。号(なづ)けて竹取の翁と曰(い)う也。この翁,季春の月にして,丘に登り遠く望むときに,忽に羹(あつもの)を煮る九箇(ここのはしら)の女子(おとめ)に値(あ)いき。…

※「竹取の翁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

竹取の翁の関連情報