竹塚東子(読み)たけのつか とうし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹塚東子 たけのつか-とうし

?-1815 江戸時代後期の戯作(げさく)者。
越谷吾山に俳諧(はいかい)を,山東京伝戯作をまなぶ。寛政2年洒落本(しゃれぼん)「田舎談義」,黄表紙「磨光世中魂(みがけばひかるよのなかしょうねだま)」を発表した。文化12年11月13日死去。武蔵(むさし)足立郡竹塚(東京都)出身。通称は四郎左衛門。別号に風水坊,竹の塚の翁など。作品はほかに合巻「雷幸蔵轟咄(いかずちこうぞうとどろきばなし)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android