竿金(読み)サオガネ

大辞林 第三版の解説

さおがね【竿金】

江戸時代、竹筒に金銀をとかして入れ、棒状にしたもの。必要に応じて切って貨幣にした。竹流し。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

SNS疲れ

《SNS tired》ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やメッセンジャーアプリなどでのコミュニケーションによる気疲れ。長時間の利用に伴う精神的・身体的疲労のほか、自身の発言に対する反応を過剰...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android