コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笠原使主 かさはらの おみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

笠原使主 かさはらの-おみ

?-? 6世紀前半の豪族。
武蔵国造(むさしのくにのみやつこ)。埼玉(さきたま)郡笠原郷(鴻巣(こうのす)市)を本拠とした。同族の笠原小杵(おき)と国造の地位をあらそう。隣国の上毛野小熊(かみつけのの-おくま)の支援をうけた小杵に謀殺されかかったが,大和朝廷の裁断により国造となり,小杵は殺された。恩に感じて安閑天皇のために4ヵ所の屯倉(みやけ)をもうけたという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android