コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笠原小杵 かさはらの おき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

笠原小杵 かさはらの-おき

?-535* 6世紀前半の豪族。
武蔵国造(むさしのくにのみやつこ)の一族。同族の笠原使主(おみ)と国造の地位をあらそう。使主を殺そうとはかったが,使主が大和朝廷の支援をうけて国造となり,小杵は安閑天皇元年閏(うるう)12月殺害されたという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

笠原小杵

生年:生没年不詳
6世紀初めの武蔵国(東京都,埼玉県,神奈川県の一部)の首長。『日本書紀』によれば,同族である笠原直使主と長年にわたり国造の地位を争ったが,決着が困難なため,結びつきを持つ上毛野(群馬県)の首長上毛野君小熊にひそかに援助を求め,使主を殺そうと計画した。しかし,大和王権を頼った使主が国造となり,小杵は誅殺された。このころの武蔵地域には,小杵,使主など基盤を異にする複数の首長がいた。小杵と使主の抗争は,地域における首長間の争いが当事者では解決されず,大和王権がこれに介入して地域首長の統合を図ったことを示している。<参考文献>鈴木靖民「南武蔵と大和王権」(『川崎市史』通史編1)

(平野卓治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

笠原小杵の関連キーワード上毛野小熊

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android