笠原研寿(読み)かさはら けんじゅ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

笠原研寿 かさはら-けんじゅ

1852-1883 明治時代の仏教学者。
嘉永(かえい)5年5月5日真宗大谷派の越中(富山県)恵林寺に生まれ,金沢で石川舜台の慎憲塾にまなぶ。明治9年本山留学生としてイギリスに留学,オックスフォード大でサンスクリットをまなんで15年帰国。浅草大谷教校でサンスクリットなどをおしえた。明治16年7月16日死去。32歳。字(あざな)は僧墨。号は梵行院。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

笠原研寿

没年:明治16.7.16(1883)
生年:嘉永5.5.5(1852.6.22)
明治前期の仏教学者。南条文雄と共にイギリスへ留学し,仏教学を学んだことで著名。越中国(富山県)恵林寺恵寿の子。別名僧墨,梵行院と号す。金沢の石川舜台の家塾慎憲社に学び,明治5(1872)年に春日潜庵の門に入る。同6年新たに発足した東本願寺寺務所に入り,掌儀に就任した。同9年南条文雄と共にイギリスへ留学,同12年よりオックスフォード大学で梵語を学ぶ。梵語仏典の翻訳・謄写に努めたが,病気によって帰国,翌年浅草大谷教校で梵語と英語とを教えた。著書に『仏教学徒将来の方針』『錫蘭紀行』など。<参考文献>南条文雄編『笠原遺文集』,南条文雄『懐旧録』

(草野顕之)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android