コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川舜台 いしかわ しゅんたい

美術人名辞典の解説

石川舜台

真宗大谷派の。加賀生。字は敬輔、号は節堂・青城・龍演。大谷光瑩に随行して欧米を視察。巣鴨監獄教誨師事件でキリスト教々誨師採用反対運動の先頭に立ち、宗教問題に精力的な活動を行った。のち自坊に退き著述に専念する。著書に『石川舜台師選集』『石川舜台と東本願寺』がある。昭和6年(1931)歿、90才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川舜台 いしかわ-しゅんたい

1842-1931 明治時代の僧。
天保(てんぽう)13年10月8日生まれ。真宗大谷派の寺に生まれ,東本願寺の高倉学寮にまなぶ。明治5年大谷光瑩(こうえい)らと欧米を視察。帰国後,教団の組織・学制近代化をすすめ,中国,朝鮮布教につとめた。昭和6年12月31日死去。90歳。加賀(石川県)出身。字(あざな)は敬輔。号は節堂など。著作に「真宗安心(あんじん)論」「大経講話」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

石川舜台の関連キーワード平松 理英石川 舜台明治時代渥美契縁松本白華笠原研寿

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android