コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川舜台 いしかわ しゅんたい

3件 の用語解説(石川舜台の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

石川舜台

真宗大谷派の僧。加賀生。字は敬輔、号は節堂・青城・龍演。大谷光瑩に随行して欧米を視察。巣鴨監獄教誨師事件でキリスト教々誨師採用反対運動の先頭に立ち、宗教問題に精力的な活動を行った。のち自坊に退き著述に専念する。著書に『石川舜台師選集』『石川舜台と東本願寺』がある。昭和6年(1931)歿、90才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川舜台 いしかわ-しゅんたい

1842-1931 明治時代の僧。
天保(てんぽう)13年10月8日生まれ。真宗大谷派の寺に生まれ,東本願寺の高倉学寮にまなぶ。明治5年大谷光瑩(こうえい)らと欧米を視察。帰国後,教団の組織・学制の近代化をすすめ,中国,朝鮮で布教につとめた。昭和6年12月31日死去。90歳。加賀(石川県)出身。字(あざな)は敬輔。号は節堂など。著作に「真宗安心(あんじん)論」「大経講話」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石川舜台
いしかわしゅんたい

[生]天保13(1842).10. 金沢
[没]1931.12.31.
真宗大谷派の僧。 1878年東本願寺の事務総長となり,教育の刷新,清国,台湾,朝鮮への布教などに努めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石川舜台の関連キーワード小倉青於関新平千羽理芳尊純多摩園巌美天保銭人中尾五百樹山田為暄良然高木珴暁

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone