コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笠置山勝一 かさぎやま かついち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

笠置山勝一 かさぎやま-かついち

1911-1971 昭和時代の力士。
明治44年1月7日生まれ。出羽海部屋の内弟子となり,早稲田中学,早大専門部に通学。学生相撲出身の第1号として,昭和10年入幕,20年引退。身長173cm,体重101kg。最高位関脇(せきわけ)。年寄秀の山を襲名して協会理事となり,相撲評論などでも活躍。昭和46年8月11日死去。60歳。奈良県出身。本名は仲村勘治。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

笠置山勝一の関連キーワード昭和時代力士

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android