コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笠菅 カサスゲ

デジタル大辞泉の解説

かさ‐すげ【××菅】

カヤツリグサ科の多年草湿地に群生し、高さ約1メートル。根茎は太く、泥中をはう。茎は三角柱。葉は細長く、堅い。夏、長大な花穂を出す。刈り干した葉を編んで(みの)や菅笠を作る。みのすげ。すげ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かさすげ【笠菅】

カヤツリグサ科の多年草。水辺や湿地に群生する。高さ約1メートル。茎は三角柱状。葉は広線形で長く、ざらつく。晩春、雄花穂を頂生し、その下に数本の雌花穂を斜出する。葉で蓑みの・笠・縄などを作る。スゲ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

笠菅 (カサスゲ)

学名:Carex dispalata var.dispalata
植物。カヤツリグサ科の多年草,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

笠菅の関連キーワード菅一文字笠有間菅有馬菅在間菅須計須宜須毛水辺スゲ須気晩春真菅

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android