コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第二次長州征伐 だいにじちょうしゅうせいばつ

防府市歴史用語集の解説

第二次長州征伐

1866年(慶応2年)に幕府と長州藩との間で起きた戦いです。山口県では、4ヶ所の国境で戦いが行なわれたことから四境戦争[しきょうせんそう]と呼んでいます。幕府軍は各地で敗れ、将軍徳川家茂[とくがわいえもち]の死を名目として兵を引きました。この戦いで幕府は力のなさを国内外に示すこととなりました。

出典|ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について | 情報

第二次長州征伐の関連キーワードプロシア=オーストリア戦争英学プロイセン・オーストリア戦争孝明天皇天使徳川家茂孝明天皇徳川家茂イタリア・イレデンタイタリア独立戦争

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

第二次長州征伐の関連情報