コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第二次長州征伐 だいにじちょうしゅうせいばつ

防府市歴史用語集の解説

第二次長州征伐

1866年(慶応2年)に幕府長州藩との間で起きた戦いです。山口県では、4ヶ所の国境で戦いが行なわれたことから四境戦争[しきょうせんそう]と呼んでいます。幕府軍は各地で敗れ、将軍徳川家茂[とくがわいえもち]の死を名目として兵を引きました。この戦いで幕府は力のなさを国内外に示すこととなりました。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

第二次長州征伐の関連キーワード松山藩(伊予国)八王子千人同心黒田 長知大村益次郎広沢真臣三浦梧楼徳川慶喜孝明天皇大原重徳高杉晋作薩長連合西郷隆盛鶴田藩奇兵隊小倉藩幕末

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

第二次長州征伐の関連情報