コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第二次長州征伐 だいにじちょうしゅうせいばつ

1件 の用語解説(第二次長州征伐の意味・用語解説を検索)

防府市歴史用語集の解説

第二次長州征伐

1866年(慶応2年)に幕府と長州藩との間で起きた戦いです。山口県では、4ヶ所の国境で戦いが行なわれたことから四境戦争[しきょうせんそう]と呼んでいます。幕府軍は各地で敗れ、将軍徳川家茂[とくがわいえもち]の死を名目として兵を引きました。この戦いで幕府は力のなさを国内外に示すこととなりました。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

第二次長州征伐の関連キーワード薩長同盟長州征伐長州藩萩藩薩長第一次長州征伐薩長同盟(薩長盟約)青木政美岡野政繹黒田一葦

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

第二次長州征伐の関連情報