コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第四インターナショナル だいよんインターナショナル

1件 の用語解説(第四インターナショナルの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

第四インターナショナル【だいよんインターナショナル】

1938年トロツキーを中心にパリで結成。彼の永久革命論とソ連国家論を基底として,スターリン指導下に入っていた第三インターナショナルコミンテルン)に代わって世界革命を指導する新しい国際組織をめざしたが,米国やラテン・アメリカなどを中心とする勢力は小さく,分裂を繰り返している。
→関連項目インターナショナル(政治)トロツキズム

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の第四インターナショナルの言及

【トロツキズム】より

…だから,一方で官僚政府の打倒をいいながら,対外的脅威,資本主義国からの侵略の危険に対しては,ソ連国家の無条件防衛を主張することにもなったのである。 実践運動としてのトロツキズムは,第四インターナショナル運動と同義である。トロツキーがコミンテルン(第三インターナショナル)からの決別を宣言して以来,各国の支持者の間で新組織結成の動きがすすめられたが,ついに1938年9月30日,パリで第四インターナショナル創立総会が10ヵ国とラテン・アメリカ代表ら30名の参加を得て,開かれた。…

※「第四インターナショナル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

第四インターナショナルの関連キーワードガボトロツキートロツキズム破落戸トロツキストビストロひょろつ・くミニパト山西英一

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone