コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第四インターナショナル だいよんインターナショナル

百科事典マイペディアの解説

第四インターナショナル【だいよんインターナショナル】

1938年トロツキーを中心にパリで結成。彼の永久革命論とソ連国家論を基底として,スターリン指導下に入っていた第三インターナショナル(コミンテルン)に代わって世界革命を指導する新しい国際組織をめざしたが,米国やラテン・アメリカなどを中心とする勢力は小さく,分裂を繰り返している。
→関連項目インターナショナル(政治)トロツキズム

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の第四インターナショナルの言及

【トロツキズム】より

…だから,一方で官僚政府の打倒をいいながら,対外的脅威,資本主義国からの侵略の危険に対しては,ソ連国家の無条件防衛を主張することにもなったのである。 実践運動としてのトロツキズムは,第四インターナショナル運動と同義である。トロツキーがコミンテルン(第三インターナショナル)からの決別を宣言して以来,各国の支持者の間で新組織結成の動きがすすめられたが,ついに1938年9月30日,パリで第四インターナショナル創立総会が10ヵ国とラテン・アメリカ代表ら30名の参加を得て,開かれた。…

※「第四インターナショナル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

第四インターナショナルの関連キーワードマンデル(Ernest Mandel)インターナショナル(政治)トロツキスト

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android