コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永久革命論 エイキュウカクメイロン

デジタル大辞泉の解説

えいきゅうかくめい‐ろん〔エイキウカクメイ‐〕【永久革命論】

永続革命論

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

永久革命論【えいきゅうかくめいろん】

永続革命論とも。一国社会主義論に対するもの。1905年トロツキーが唱え始めた。当面するロシア革命はブルジョア革命だが,それはプロレタリアート権力樹立によってしか完遂しえず,必然的に社会主義革命に転化していかざるをえない,と説く。
→関連項目パルブス

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えいきゅうかくめいろん【永久革命論】

〈永久革命〉という言葉自体はマルクスの1850年3月の共産主義者同盟へのよびかけに由来するが,一般には1905‐06年に定式化されたトロツキーの革命論を永久革命論または永続革命論という。英語ではpermanent revolution。彼によれば,後進国ロシアにおいては,都市ブルジョアジーの弱体と反動性のために,プロレタリアートが政権を掌握するのでなければ当面のブルジョア民主主義革命の課題すら達成することができず,しかもこの場合,革命は不可避的にブルジョア民主主義革命の枠を突破して社会主義革命へと進まざるをえない(いわゆる〈一段階革命論〉)という。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

永久革命論
えいきゅうかくめいろん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の永久革命論の言及

【トロツキズム】より

…ロシア革命の指導者の一人トロツキーの思想とそれを実践する運動。思想的には,トロツキズムの柱は永久革命論とソ連国家論の二つからなる。永久革命論は,《総括と展望》(1906)や《永久革命論》(1930)において定式化されている。…

※「永久革命論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

永久革命論の関連キーワード第四インターナショナル第4インターナショナルレフ トロツキートロツキズムスターリン

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android