コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第3.5世代コンピュータ だいさんてんごせだいコンピュータ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

第3.5世代コンピュータ
だいさんてんごせだいコンピュータ

コンピュータの発達をその主要素子によって区分するときの一つの時代で,超 LSIを組込んだコンピュータをいう。コンピュータの発達はめざましく,1つの世代は数年でしかないので,第3世代の中頃になって第4世代が話題に上るようになり,基本的技術についていろいろと論じられた。その後超 LSIが出現し (1973) ,コンピュータはまたも進歩したが,その進歩は第3世代の延長線上にあるものであって,新しい画期的な第4世代と称するほどのものではないというためらいから,4番目の時代を第 3.5世代という。第4世代と称すべきものは,むしろコンピュータネットワークなどのシステム的観点からより大衆化した形態に対してつけるのが妥当であろう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android