コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筆談 ヒツダン

デジタル大辞泉の解説

ひつ‐だん【筆談】

[名](スル)口で話す代わりに、互いに文字で書いて意思を伝え合うこと。「会議中に隣の人と筆談する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひつだん【筆談】

( 名 ) スル
声を出さず、相互に文字で書いて意思を伝え合うこと。 ⇔ 口談 「中国人と-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

筆談の関連キーワードトーキングエイド for iPad匹・弼・必・泌・畢・筆・謐・逼書を校するは塵を掃うが如し聴覚障害者サービス朝比奈文淵会沢正志斎合理的配慮祁答院雄貴加東 康一巨勢竜也野呂元丈脇田東川熱河日記野上文代野田笛浦金 春美朝川善庵三宅橘園林読耕斎松田駒水

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

筆談の関連情報