コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

等幅フォント とうはばふぉんと

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

等幅フォント

文字の送り幅が一定であるフォント。半角の英数字が一定の送り幅である点に特徴がある。なお、文字幅をすべて同じ幅にすることをパイカピッチという。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

等幅フォント

サイズが同じなら、すべての文字が同じ幅におさまるよう作られたフォントです。例えば、「M」と「i」は文字の幅がまったく違いますが、余白部分で間隔を調整します。文字間隔はバラバラになりますが、縦横の文字の並びはきれいになります。
⇨フォント、プロポーショナル・フォント

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について | 情報

IT用語がわかる辞典の解説

とうはばフォント【等幅フォント】

コンピューターで使われるフォントのうち、文字の幅をすべて一定に揃えたもの。一般に英数字は漢字やかな文字の半分の幅になる。◇「固定幅フォント」ともいう。また、欧文の場合は「シングルスペースフォント」「モノスペースフォント」ともいう。⇒プロポーショナルフォント

出典|講談社IT用語がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

とうはばフォント【等幅フォント】

コンピューターにおいて、半角文字と全角文字のそれぞれがすべて同じ幅であるフォント。文章の横幅を揃える場合などに用いる。固定幅フォント。 → プロポーショナル-フォント

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報