コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筒形銅器 つつがたどうき

1件 の用語解説(筒形銅器の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

つつがたどうき【筒形銅器】

杖頭に装着したと推定される古墳時代の青銅製品。長さ13~20cm,径3cm前後の中空の円筒形を呈し,やや太く作った一端を封じて頂面とする。頂端から約3分の2の範囲には,四方に縦方向の透し孔を設け,内部に長さ5cmばかりの細い銅棒を収めて,鈴としての効果を発揮させた。開口端に近い約3分の1を木製の杖にはめ,目釘孔を用いて固定したものである。縦方向の透し孔は上下2段に設けるのがふつうで,まれに3段にしたものもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

筒形銅器の関連キーワード岩戸山古墳臼玉古墳時代上円下方墳青銅器馬鐸凹み石膝鎧杖頭銭松ヶ谷古墳

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

筒形銅器の関連情報