筒形銅器(読み)つつがたどうき

世界大百科事典 第2版の解説

つつがたどうき【筒形銅器】

杖頭に装着したと推定される古墳時代の青銅製品。長さ13~20cm,径3cm前後の中空の円筒形を呈し,やや太く作った一端を封じて頂面とする。頂端から約3分の2の範囲には,四方に縦方向の透し孔を設け,内部に長さ5cmばかりの細い銅棒を収めて,鈴としての効果を発揮させた。開口端に近い約3分の1を木製の杖にはめ,目釘孔を用いて固定したものである。縦方向の透し孔は上下2段に設けるのがふつうで,まれに3段にしたものもある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android