コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

箕作り みつくり

1件 の用語解説(箕作りの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

箕作り
みつくり

箕を製造する人のこと。また山窩 (さんか) のことをいう。箕は穀物の選別,運搬に用いる農具の一種で,縦を竹にして,藤,山漆,山桜などの皮を横に入れたものが最高とされた。他の竹製品に比べ高度な技術を要し,普通は箕作りを専業とする人々の手でつくられ,破損した部分の修理もこの人々が農家の間を巡回して行なった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

箕作りの関連キーワード山窩部門別原価計算三角寛三階精糖製薬製酪繊維工業製麺アミロ酒母-麹折衷法

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone