箕帚を執る(読み)キソウヲトル

精選版 日本国語大辞典の解説

きしゅう【箕帚】 を=執(と)る[=奉(ほう)ず]

妻妾となって仕える。箕帚に侍す。きそうを執る。
※近古史談(1864)二「哀泣之余安能得箕帚」 〔史記‐高祖本紀〕

きそう【箕帚】 を 執(と)

※読本・俊寛僧都島物語(1808)二「もし梵女児たるを嫌ひ給はずば、君が為に箕掃(キザウ)を執らし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アノミー

もとは「神法の無視」「無規則性」を意味するギリシア語の anomiaが語源であるが,フランスの社会学者 É.デュルケムが,近代に移行する過程で,それまで人間の行為を規制してきた伝統的価値や,社会的規準...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android