箕帚を執る(読み)きそうをとる

精選版 日本国語大辞典「箕帚を執る」の解説

きそう【箕帚】 を 執(と)

※読本・俊寛僧都島物語(1808)二「もし梵女児たるを嫌ひ給はずば、君が為に箕掃(キザウ)を執らし」

きしゅう【箕帚】 を=執(と)る[=奉(ほう)ず]

妻妾となって仕える。箕帚に侍す。きそうを執る。
※近古史談(1864)二「哀泣之余安能得箕帚」 〔史記‐高祖本紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android