コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

俊寛僧都島物語 シュンカンソウズシマモノガタリ

2件 の用語解説(俊寛僧都島物語の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しゅんかんそうずしまものがたり〔シユンクワンソウヅしまものがたり〕【俊寛僧都島物語】

読本。8巻。曲亭馬琴作。文化5年(1808)刊。俊寛義経にまつわる伝説を題材とし、俊寛を鬼一法眼に仕立てたもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅんかんそうずしまものがたり【俊寛僧都島物語】

読本。前後編各四巻。曲亭馬琴作。歌川豊広画。1808年成立。翌年前編、翌々年後編刊。鬼界ヶ島で果てたはずの俊寛が京に戻って鬼一法眼と名乗り、軍学者として牛若丸に兵術を教え、平家討伐の本懐を遂げさせる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone