俊寛僧都島物語(読み)シュンカンソウズシマモノガタリ

大辞林 第三版の解説

しゅんかんそうずしまものがたり【俊寛僧都島物語】

読本。前後編各四巻。曲亭馬琴作。歌川豊広画。1808年成立。翌年前編、翌々年後編刊。鬼界ヶ島で果てたはずの俊寛が京に戻って鬼一法眼と名乗り、軍学者として牛若丸に兵術を教え、平家討伐の本懐を遂げさせる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android