コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

箕踞 キキョ

デジタル大辞泉の解説

き‐きょ【××踞】

[名](スル)《その姿勢(み)に似ているところから》両足を前へ投げ出して座ること。箕坐(きざ)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ききょ【箕踞】

( 名 ) スル
両足を投げ出して座ること。その形が箕に似ているのでいう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の箕踞の言及

【胡床】より

…中国の古代における座法は,後の時代のごとく倚座ではなく,日本と同じく平座が普通であった。敷物などの上に危座(正座),箕踞(ききよ)(なげあし),蹲踞(そんきよ)(たてひざ),趺座(あぐらかき)したのである。礼儀にかなった座法は危座であった。…

※「箕踞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

箕踞の関連キーワード平松古道胡床

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android