コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

算延 さんえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

算延 さんえん

?-? 平安時代前期,文徳(もんとく)天皇の皇子。
仁寿(にんじゅ)3年(853)源氏をさずけられる。斉衡(さいこう)3年円仁(えんにん)から灌頂(かんじょう)をうける。貞観(じょうがん)のころ宗叡(しゅうえい),円珍悉曇(しったん)をまなんだ。名は毎有。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

算延の関連キーワード文徳斉詮仁寿

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android