コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

箸蔵善竜 はしくら ぜんりゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

箸蔵善竜 はしくら-ぜんりゅう

1852-1928 明治-昭和時代前期の僧。
嘉永(かえい)5年4月18日生まれ。真言宗。阿波(あわ)(徳島県)箸蔵寺で出家して住職となり,京都太秦(うずまさ)の広隆寺住職をかねた。大正元年京都随心院門跡(もんぜき),ついで小野派管長,大僧正となった。昭和3年11月1日死去。77歳。阿波出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

箸蔵善竜の関連キーワード斎藤寅次郎島津保次郎清水宏マキノ雅広五所平之助衣笠貞之助田坂具隆稲垣浩小津安二郎キャプラ

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone