篠塚梅扇(読み)しのづか ばいせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

篠塚梅扇 しのづか-ばいせん

1912-1998 昭和-平成時代の日本舞踊家。
明治45年5月9日生まれ。水野つるに師事し,京舞篠塚流をまなぶ。郷土史家田中緑紅(りょっこう)らの勧めで明治時代以降とだえていた篠塚流の再興につくし,昭和38年5代家元を襲名。56年と60年にアメリカ,カナダで公演をおこなった。平成10年9月12日死去。86歳。京都出身。本名は島一綱(かずつな)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android