コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京舞 キョウマイ

5件 の用語解説(京舞の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きょう‐まい〔キヤウまひ〕【京舞】

日本舞踊の上方舞(かみがたまい)のうち、京都で起こり発達したもの。篠塚流・井上流などがある。主として地歌を地とする。→上方舞地歌舞

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きょうまい【京舞】

京都の風土に影響を受けた舞。上方の舞は,朝廷に仕えた公家の女官などが手すさびにたしなんだ御殿舞から派生した舞と,大坂の歌舞伎から派生し,町師匠によって広められた座敷舞とがあり,京舞は前者の系統。幕末から明治初年にかけて,京の舞は篠塚流が盛んであったが,実力をそなえた統率者がおらずしだいに衰微し,明治に入って3世井上八千代の率いる井上流が隆盛を迎えて以来,京都はえぬきの流派は井上流だけとなった。したがって現在京舞といえば井上流の舞を指す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きょうまい【京舞】

上方かみがた舞の一。京都で発達した座敷舞で、主に地歌を地に用い、繊細優美な手振りが特徴。能の影響が強い。井上・篠塚などの各流派がある。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

京舞
きょうまい

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の京舞の言及

【井上流】より

京舞の一流派。江戸末期に井上さとが初世井上八千代として創流。…

【日本舞踊】より

… また江戸の劇場で発達した歌舞伎舞踊に対し,京坂では座敷を中心に発達した。これを上方舞と呼び,とくに京都で成立したものを京舞という。また地唄を伴奏とするため地唄舞ともいわれる。…

【都をどり】より

…芸妓の別踊をはさんだ舞妓の総踊を中心に約1時間の番組を1日に5回上演しており,他の花街舞踊に比べ,観光客を対象にきわめて興行化されている。内容は京都の四季おりおりの風趣を品よくまとめており,4世井上八千代の振付指導によって,京舞らしい華やかさと格調のあふれたところに特色がある。【柴崎 四郎】。…

※「京舞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

京舞の関連情報