コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

篠崎史子 しのざき あやこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

篠崎史子 しのざき-あやこ

1946- 昭和後期-平成時代のハープ奏者。
昭和21年8月7日生まれ。バイオリニストの篠崎弘嗣の次女,篠崎功子(いさこ)の妹。桐朋学園大ではJ.モルナール師事。その後,渡米しM.グランジャニー,M.ディリングに師事。昭和49年文化庁在外研修員として渡欧しF.ピエール,L.ラスキーヌに師事。45年イスラエル国際ハープ・コンクール第3位。平成14年文化庁芸術祭優秀賞,中島健蔵音楽賞優秀賞,サントリー音楽賞佐治敬三賞を受賞。20年朝日現代音楽賞。桐朋学園大特任教授,東京音大講師として後進の指導にあたる。25年「篠﨑史子 ハープの個展 XII」で芸術選奨文部科学大臣賞。東京都出身。桐朋学園大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

篠崎史子の関連キーワードバイオリニスト篠崎 弘嗣

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

篠崎史子の関連情報