コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

篠田雲鳳 しのだ うんぽう

1件 の用語解説(篠田雲鳳の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

篠田雲鳳 しのだ-うんぽう

1810-1883 江戸後期-明治時代の漢詩人。
文化7年生まれ。伊豆(いず)下田(静岡県)の医師の娘。朝川善庵(ぜんあん),中井董斎に儒学をまなぶ。大沼枕山(ちんざん),小野湖山(こざん)らとまじわる。維新後,開拓使女黌(じょこう)教授ののち,東京芝愛宕(あたご)山下に塾をひらき,女子教育に専心した。明治16年5月20日死去。74歳。名は儀。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

篠田雲鳳の関連キーワードアルマン条約電気事業神谷源内植村文楽軒古川躬行チェコ文学ウィンチェスタープチャーチンメチニコフヨッフェ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone