コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野湖山 おの こざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野湖山 おの-こざん

1814-1910 幕末-明治時代の漢詩人。
文化11年1月12日生まれ。梁川星巌(やながわ-せいがん),藤森弘庵(こうあん)らに師事。三河(愛知県)吉田藩につかえ,安政大獄で幽閉される。維新後官吏を短期間でやめ,詩人として活躍した。明治43年4月10日死去。97歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。本姓は横山。名は長愿。通称は仙助,侗之助。別号に玉池仙史など。詩集に「湖山楼詩鈔」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おのこざん【小野湖山】

1814~1910) 幕末・明治期の儒者・漢詩人。近江の人。三河吉田藩儒臣。安政の大獄に連座。維新後明治政府に出仕、のち大阪に優遊吟社を結成するなど詩名が高かった。作「湖山楼詩鈔」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の小野湖山の言及

【漢詩文】より

…【日野 竜夫】
【近代】
 明治は漢学愛好の時代であり,漢詩文は江戸期に劣らず隆盛であった。漢詩ではまず小野湖山,岡本黄石,大沼枕山(ちんざん)らが現れ,陸游,蘇東坡(蘇軾(そしよく)),黄山谷(黄庭堅)らの宋詩を重んじて詩壇を指導した。ついで現れた森春濤(しゆんとう)・森槐南(かいなん)父子は婦女子の恋愛の感情を詠んだ香奩(こうれん)体の詩や,袁枚(えんばい),趙翼,張船山(張問陶),王漁洋(王士禎)らの清詩をさかんに鼓吹し,本田種竹らとともに明治詩壇(ことに後期)における清詩の流行をもたらした。…

※「小野湖山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

小野湖山の関連キーワード結城 蓄堂門田樸斎松岡時敏大沼枕山篠田雲鳳結城蓄堂小山松渓鈴木松塘木蘇岐山漢文学小野詩名連座

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android