コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野湖山 おの こざん

4件 の用語解説(小野湖山の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

小野湖山

幕末・明治の漢詩人。近江生。名は巻・長愿、字は懐之・士達・舒公、湖山は号、別号に晏斎・狂々老夫等。詩は梁川星巌について一家を成す。維新の際国事に奔走し、明治天皇より御硯を賜り賜硯楼と称した。明治43年(1910)歿、97才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おの‐こざん〔をの‐〕【小野湖山】

[1814~1910]江戸後期から明治時代の儒者・漢詩人。近江(おうみ)の人。本姓、横山。名は巻。三河吉田藩の儒官。維新後、明治政府に出仕、のち辞して詩作に専念。詩集「湖山楼詩鈔」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野湖山 おの-こざん

1814-1910 幕末-明治時代の漢詩人。
文化11年1月12日生まれ。梁川星巌(やながわ-せいがん),藤森弘庵(こうあん)らに師事。三河(愛知県)吉田藩につかえ,安政の大獄で幽閉される。維新後官吏を短期間でやめ,詩人として活躍した。明治43年4月10日死去。97歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。本姓は横山。名は長愿。通称は仙助,侗之助。別号に玉池仙史など。詩集に「湖山楼詩鈔」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おのこざん【小野湖山】

1814~1910) 幕末・明治期の儒者・漢詩人。近江の人。三河吉田藩儒臣。安政の大獄に連座。維新後明治政府に出仕、のち大阪に優遊吟社を結成するなど詩名が高かった。作「湖山楼詩鈔」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の小野湖山の言及

【漢詩文】より

…【日野 竜夫】
【近代】
 明治は漢学愛好の時代であり,漢詩文は江戸期に劣らず隆盛であった。漢詩ではまず小野湖山,岡本黄石,大沼枕山(ちんざん)らが現れ,陸游,蘇東坡(蘇軾(そしよく)),黄山谷(黄庭堅)らの宋詩を重んじて詩壇を指導した。ついで現れた森春濤(しゆんとう)・森槐南(かいなん)父子は婦女子の恋愛の感情を詠んだ香奩(こうれん)体の詩や,袁枚(えんばい),趙翼,張船山(張問陶),王漁洋(王士禎)らの清詩をさかんに鼓吹し,本田種竹らとともに明治詩壇(ことに後期)における清詩の流行をもたらした。…

※「小野湖山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone