コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

篠遠喜人 しのとお よしと

1件 の用語解説(篠遠喜人の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

篠遠喜人 しのとお-よしと

1895-1989 昭和時代の遺伝学者。
明治28年2月20日生まれ。昭和18年母校東京帝大の教授。28年国際基督(キリスト)教大教授となり,のち同大学長。染色体の核型分析の研究で知られ,科学史の紹介にもつとめた。無教会派クリスチャンで,「篠遠喜人私訳新約聖書」を刊行。平成元年9月16日死去。94歳。長野県出身。著作に「メンデル」「遺伝学史講」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

篠遠喜人の関連キーワード木村資生藤井健次郎市川定夫常脇恒一郎牧野佐二郎松井佳一松永英水島宇三郎向井輝美森脇大五郎

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone