コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

篠野玉涌 しのの たまわく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

篠野玉涌 しのの-たまわく

?-1799 江戸時代中期の狂歌師。
名古屋で書店をいとなむ。酔竹側の判者となる。右馬耳風とも号し,子の文左衛門が2代をついだ。寛政11年死去。姓は加藤。別号に不断庵,佩詩堂。作品に「弄花(ろうか)集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

篠野玉涌の関連キーワード十方園金成(初代)狂歌師

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android