コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

篩骨 しこつethmoid bone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

篩骨
しこつ
ethmoid bone

鼻腔の天井にある。最上部は前頭蓋窩からみることのできる篩板で,多数の小孔を貫いて嗅神経が鼻腔に入っている。内部に篩骨洞という副鼻腔の一つをもっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

し‐こつ【×篩骨】

頭蓋骨(とうがいこつ)で、眼窩(がんか)と腔の一部をつくる骨。多数の小腔がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しこつ【篩骨】

頭蓋骨の一部。鼻腔の上壁および側壁と鼻中隔の上部を構成する複雑な形の骨。その一部に多数の嗅神経の通る小孔が篩ふるいのように開いている。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の篩骨の言及

【頭骨】より

…軟骨頭蓋に由来する一次骨は脳腔の側面,底部および後部の付近に局在し,四つの領域に区分することができる。すなわち,眼窩(がんか)側頭部には4種6個の骨(哺乳類では合一して蝶形骨と篩骨(しこつ)の一部になる),耳の迷路部には5種,両側で10個の骨(哺乳類では岩骨になり,ヒトではこれが皮骨の鱗状骨と合して側頭骨になる),篩骨部には2種3個の骨(哺乳類では篩骨の大半になる),後頭部では脊髄の出口(大後頭孔)を取り囲む3種4個の骨(哺乳類では後頭骨になる)のほか,耳小骨が1種2個(哺乳類では3種6個),以上合計15種25個(哺乳類では7種11個)の軟骨性骨が分化する。軟骨魚類では脳は軟骨頭蓋で完全に覆われているのに対し,硬骨魚類以上では脳の天井,つまり頭頂部は前頭骨,頭頂骨,後頭頂骨など(哺乳類では3種5~6個)の皮骨に覆われる。…

※「篩骨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

篩骨の関連キーワード慢性副鼻腔炎(蓄膿症)頭蓋骨(とうがいこつ)鼻のしくみとはたらき頭蓋(とうがい)急性副鼻腔炎キノボリウオ鼻中隔穿孔副鼻腔腫瘍鼻のがん副鼻腔炎鼻中隔脳神経眼動脈前頭骨鼻甲介頭蓋骨終神経嗅覚側壁骨格

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

篩骨の関連情報