コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

簀立 すだて

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

簀立
すだて

水深の浅い場所に,竹や木またはを連ねて迷路をつくり,魚類が逃げられないように工夫した漁法の一つ。河川湖沼内湾などによくみられ,レジャーとして企業化されているものが多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

簀立の関連キーワード南房総国定公園岩井勝太郎淡水漁業雑漁具簀立て網漁具水深

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android