コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

簾コリメーター スダレコリメーター

デジタル大辞泉の解説

すだれ‐コリメーター【×簾コリメーター】

細い金属を横に並べた2枚のすだれを平行に配置し、遠方の天体からのX線を観測する装置。X線などの高エネルギーの電磁波は、可視光のように鏡で反射させたりレンズで屈折させたりすることが不可能だが、このすだれを用いることにより特定の方向からのX線のみが検出器に入射するため、すだれの間隔や向きを変えることでX線源の位置や分布を調べることができる。昭和40年代に日本の天文学者小田稔が考案した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android