コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

籠山京 かごやま たかし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

籠山京 かごやま-たかし

1910-1990 昭和時代の衛生学者。
明治43年11月15日生まれ。満鉄衛生研究所長などをへて昭和27年北大教授となる。のち上智大教授。貧困層の調査を通じ,最低生活費について研究した。社会保障制度審議会委員などを歴任。平成2年6月16日死去。79歳。長崎県出身。慶大卒。著作に「国民生活の構造」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

籠山京の関連キーワード昭和時代公的扶助

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android