米子赤かぶ

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

米子赤かぶ[根菜・土物類]
よなごあかかぶ

中国地方、鳥取県の地域ブランド。
主に米子市で生産されていた丸かぶの品種。江戸時代末期に米子の人が近江国から持ち返った近江緋かぶが起源といわれる。根部の表面と葉柄は赤紫色で、根部内部は白色。切れ込みの深い葉をもつ。漬物によく利用されたが、近年ほとんど栽培されていない。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android