米子市(読み)よなご

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「米子市」の解説

米子〔市〕
よなご

鳥取県北西部,中海および美保湾に臨む市。 1927年市制。 1953年尚徳村,五千石村,1954年彦名村など8村,1956年春日村,1968年伯仙町をそれぞれ編入。 2005年淀江町と合体米子平野の大半と弓ヶ浜砂州の南半部を占める。砂州内側では縄文・弥生時代の遺物を出土し,東部には条里制遺構も残存。中心市街地は慶長6 (1601) 年中村氏が久米城 (米子城) に移封,以来 18万石の城下町として発展。海陸交通の便に恵まれ,木材,木綿などの集散地として栄えた。明治中期以降は鉄鋼製糸業を中心に商工業都市となり,現在は中海新産業都市の中核として,食品,木材,製糸,機械,鉄鋼,金属などの工業が盛んである。農村部では米,ネギ,タバコなどを栽培。福市遺跡,青木遺跡,岩屋古墳,鳥取藩台場跡は史跡に指定されている。大山 (だいせん) の観光基地で,海岸部に皆生温泉がある。 JR山陰本線,伯備線,境線のほか国道9号線,431号線などが通じ,米子自動車道のインターチェンジがある。面積 132.42km2。人口 14万9313(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android