コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米独禁法の域外適用拡大 べいどっきんほうのいきがいてきようかくだい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

米独禁法の域外適用拡大
べいどっきんほうのいきがいてきようかくだい

アメリカ司法省は 1992年4月,独占禁止法 (反トラスト法) の適用を国外にまで拡大する方針を発表した。それまでの運用指針が「アメリカの消費者損害を受けたとき」としてきたのを,輸出企業や製造企業が損害を受けたときも適用できるように改めたことは,日本の談合系列取引非関税障壁であると考えているアメリカ政府が,日本市場を開放させるには強硬手段も辞さないことを宣言したのに等しい。日本政府は,国際法上認められない主権侵害に当たるとして,激しく反発している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

米独禁法の域外適用拡大の関連キーワードクラーク(Larry Clark)近藤芳美ドイツ統一スペースシャトル飛行記録黒沢清仙田満ヨーロッパ通常戦力条約高良留美子柴田翔自衛隊

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android