コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米独禁法の域外適用拡大 べいどっきんほうのいきがいてきようかくだい

1件 の用語解説(米独禁法の域外適用拡大の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

米独禁法の域外適用拡大
べいどっきんほうのいきがいてきようかくだい

アメリカ司法省は 1992年4月,独占禁止法 (反トラスト法) の適用を国外にまで拡大する方針を発表した。それまでの運用指針が「アメリカの消費者が損害を受けたとき」としてきたのを,輸出企業や製造企業が損害を受けたときも適用できるように改めたことは,日本の談合や系列取引非関税障壁であると考えているアメリカ政府が,日本市場を開放させるには強硬手段も辞さないことを宣言したのに等しい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

米独禁法の域外適用拡大の関連キーワードドイツ統一自衛隊ユーゴ紛争尾崎 豊大石まどか中原丈雄朝岡実嶺まじかる☆タルるートくん植物生理学アル パチーノ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone