コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

系列取引 けいれつとりひき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

系列取引
けいれつとりひき

日本の特殊な商慣行としてアメリカが問題としている一定の企業グループ,いわゆる系列企業間の取引を指す。系列はメインバンクを中心として異業種の企業グループを形成している水平的系列 (三井・三菱など) と,核となる大メーカーを中心に原料・部品の供給,製品の販売などに関係する企業がグループを形成する垂直的系列 (日立,トヨタなど) の2つに分類される。系列企業は,株式の持ち合いや,役員の派遣を通じて密接な関係を維持しており,特に垂直的系列では,系列企業間で長期的な販売・購入関係を築いている場合が多く,こうした取引関係を特に系列取引 (→系列化 ) という。系列取引に対してアメリカは,(1) 外国企業や日本のベンチャー企業の製品の市場参入を困難にしている,(2) 株の持ち合い関係を通じ,外国企業による合併・買収を行ないにくくしていると批判している。これらの批判に対し日本では,日米構造協議 (SII) の合意に基づき,事業者間取引慣行の継続制と排他制についての独占禁止法運用の具体的かつ明確なガイドラインの作成・公表,さらに株式の保有状況の開示制度の改善が図られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

系列取引【けいれつとりひき】

日本特有の企業間関系における取引。その関係には,旧財閥系の系列,組立てメーカーと部品メーカーの系列,流通系列などがある。原則的に長期的取引。旧財閥系グループのように銀行を中心とする系列と独立巨大企業(トヨタ,日立,松下など)の関連企業として形成される系列がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

けいれつとりひき【系列取引】

系列企業間の、排他的で長期的な取引関係。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

系列取引の関連キーワードウィリアムソン(アメリカの経済学者 Oliver E. Williamson )デ・ビアス・コンソリデーテッド・マインズ[会社]米独禁法の域外適用拡大ネットワーク組織連邦取引委員会自動車部品摩擦日本的商慣行非関税措置日本的経営オーマンNTM

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

系列取引の関連情報